2015年03月08日

東京ゲームマーケット2015春出展のご案内

5/5 東京GM春に出展します!
出展内容はここのエントリを更新して参ります。

5/5東京GMにて、「Kigi-きぎ-」を新発売致します。
kigi_3Dbox_v2.jpg

kigi_3Dbox_mi.jpg


Kigi_banner2.png


プレイヤーは画家として、雇い主から木の壁画を描くよう注文されています。
画家たちはお互いの絵に筆を入れ、自らの技巧を評価してもらいながら得点を稼ぎます。

kigi_tenji.png


作者:Daniel Solis
2ー5人、15分、10才〜、予価税込1630円(5/5会場限定税込価格:1600円)

その他持ち込み予定
エピックリゾート:定価7400円のところ、会場限定価格7000円
落水邸物語:定価1800円のところ、会場限定価格1600円
インシディアス7:定価1540円のところ、会場限定価格1500円
ジキルとハイド:定価2263円のところ、会場限定価格2200円
ハンザ基本+ハンザ拡張 セット:4900円
ハンザ(基本):3400円
ハンザ拡張:変化の風:定価1620円のところ、会場限定価格1600円
ムガルプレイヤースクリーン:100円
posted by nasika at 19:42| お知らせ

2014年12月24日

大阪GM2015に出店します

(2015/2/26追記:エピックリゾート特別版の個数変更3->4)
大阪GM2015に出店致します。ブース番号はA11です。

当日持ち込むものは主として以下のものを予定しております。荷物に余裕があればその他も持ち込む可能性があります。

・エピックリゾート(Epic Resort):定価7400円のところ、会場限定価格7000円
・エピックリゾート特別版:※下記参照
・クー日本語版:1500円
・クー拡張:700円
・落水邸物語:定価1800円のところ、会場限定価格1600円
・ヘルウィグ:定価6900円のところ、会場限定価格6500円
・パンでさよなら!:定価1350円のところ、会場限定価格1300円
・ハンザ拡張変化の風:定価1620円のところ、会場限定価格1600円
・ムガルプレイヤースクリーン:100円

<エピックリゾートについて>
Epic Resort
2-4人, 60-120分, 12才以上
epicresort_box.jpg

日本では「レガシー:時の歯車」で知られているBen Harkins氏による新作です。

本作品はファンタジーの世界を背景にしています。モンスターもいれば、それらと戦うヒーローと呼ばれる戦士達がいます。

そんななか、各プレイヤーはリゾート地を経営する経営者となります。はじめは小さなビーチと簡素な小屋のこじんまりとしたリゾートです。そこで働く従業員も「見習い」「大道芸人」「怠け者」といった頼りない面々です。そこから巧く経営していき、立派なリゾートに発展させ、戦いに疲れたヒーロー達を癒す事で高い評価を得なければならないのです。
startresort.jpg

ゲームの構造は実はシンプルなのですが、なかなか説明しにくいゲームです。

勝敗を決める勝利点は2種類。手元3カ所に展開するリゾート施設をより豪華な施設へとアップグレードする事で各施設の勝利点を積み重ねるのが1つ。もうひとつは3カ所のリゾート施設にヒーローを呼び込み、充分な休息を得てもらうことを繰り返して満足してもらう事で得る勝利点が1つ。この2種の勝利点を可能な限り稼いで行くのが経営者であるプレイヤーの使命です。

ゲーム中に登場する重要なコストがあります。「お金」と「センス」です。
「お金」は施設のアップグレードや、従業員の教育に必要になりますし、
「センス」はリゾートそのものの魅力の事で、これがあると観光客やヒーローをリゾートに呼び込むことができます。この二つはリゾート施設から生み出されるのですが、これがなかなか難しい。
観光客が多い施設からは多くのお金を得る事ができますが、人混みのリゾートの魅力は低くなります。逆もまたしかり。ゲーム中に必要なリソースを得る事そのものが二律背反しているのです。

施設にはゲームを有利に進めるための機能があります。ただしこの機能を活かせるのは仕事量に対して充分な労働力がある場合だけ。しかも充分な労働力が確保できなければ観光客は去って行ってしまいお金が入らなくなります(逆に魅力はあがります)。

この労働力として使えるのが各自13枚の労働力デッキです。はじめは「見習い」「大道芸人」「怠け者」の3種類しかいません。このうち「見習い」「大道芸人」にお金をかけて教育することで様々な専門職へと変わります。労働力そのものが増えたり、特殊な使い方ができたりとゲームを有利に進めることができるようになります。この労働力デッキから各シーズン毎に5枚を手札からひいてうまく活用することでそのシーズンを乗り切る必要があります。
basic_worker.png

シーズン中には観光客やヒーローを呼び込み、リゾートを満喫してもらいます。
ですが、定期的にやってくる船には観光客やヒーローの中にモンスターが紛れ込んでいることがあります。

monster.png
このモンスターに狙われてしまったリゾートは3カ所ある施設のうち1つに攻撃をしかけられてしまいます。放っておくと観光客は喰われたり、施設そのものにダメージを被り勝利点を失うはめになります。

そこで休養中のヒーローに「助けて下さい」とお願いすることになります。しかしヒーローも疲れているのでモンスターを退治するとライフが減ってしまいます。休息を満喫して勝利点になるまでの時間がよりかかるようになりますが、死んでしまっては元も子もありません(ただしヒーローを別の施設に逃がす事はできます。何も守る事はできませんが。)。
hero.png

お金とセンスのバランス取り、施設の拡張、労働者のスキルアップ、観光客やヒーローの呼び込み、労働者の働かせ方、モンスターに狙われにくい状態を維持する事、モンスターの襲撃を受けた時のヒーローの運用、などなどリゾートの経営者は悩ましい問題をどんどん決断を下して乗り切って行って下さい!

異色のテーマですが、遊べば遊ぶ程、繊細なゲーマーズゲームだなと私は考えるようになりました。
オススメです。販売時には日本語ルールと4人分のサマリーを付属致します。

<エピックリゾート特別版について>
今回、エピックリゾートを仕入れる際、様々な偶然により、4個だけエピックリゾートのKickStarter版が入ってしまいました。
epicspecial.jpg
通常版に上記のような特別な箱になり、かつ、「Brewmaster」「Dungeon Master」の2種の拡張が封入されています。
たった4個ですし、KickStarter版である事も鑑みた結果、この4点の値付けをおまかせしたいと思います。
以下の要領でご応募下さい。
・大阪GM会場にて当日受け取る事ができる方限定です。
・最低価格を通常版と同じ7000円とします。
・購入したい価格、氏名、当日連絡のつく電話番号、メールアドレスをご記入の上、epicresort@gamefield.orgまでメールを「一通だけ」送信下さい。(2通目以降は無効とします)
・応募期間は2015/2/24 23時開始、2015/2/27の18:00締め切りとします。
・高く値段を付けて下さった方順のうち、2,3,4,5番目の方に特別版を当日販売致します。1番目の方はハズレです。
・同額の場合にはメール到着時刻の早い順とします。
・当選された方には2/27の18:00以降にご連絡さし上げます。

以上、奮ってご応募下さい!
posted by nasika at 15:10| お知らせ

2014年11月13日

ヘルウィグ(Hellweg westfalicus)のご紹介

本作品はM.Schacht氏のゲームデザイナー歴25周年(及びSpiele aus Timbktu15周年)を記念して制作された、記念碑的な作品です。私が知る限りでは開発に一年近く掛けています。

hellweg_box.jpg

ようやく実物が私の手元に来て、数回遊ぶ事ができたので内容について簡単にご紹介したいと思います。

まず簡単に説明を。
このゲームでは1ラウンドを1ヶ月に見立てて、全12ラウンドを通して最もお金(ターラー)を稼いだ人が勝利します。
お金を稼ぐには事前に商品(塩、鉄器、ビール)の在庫を各都市に用意しておき、それを後のラウンドで売却して資金を増やすのです。
では、どうやって商品在庫を仕入れ、売却するのでしょう?そこで交易カードという重要なカードが登場します。
http://cf.geekdo-images.com/images/pic2274794_md.jpg
このカードはたった12枚しかありません。1ラウンドに1枚ずつ、ランダムですが「全て」登場します。

商品を仕入れるにはこの交易カードに描かれている商館に自分の商人コマを1つ置いて、数字の分だけお金を支払う事で
○の数だけ商品をその都市に在庫することができます。この時長方形のシンボルがあれば自分の台車コマをその都市に隣接している「道」に配置することができます。「道」に台車コマを置く事で都市間の販売網を繋げる事ができるのです。
http://cf.geekdo-images.com/images/pic2246752_md.jpg

ラウンドの初めに1枚交易カードをめくって公開します。公開した時点で「商品の売却」フェーズを行います。
(先ほど紹介した商品の仕入れは「売却の後」に行います!!)
交易カードに描かれている都市がその価格でその色の商品を欲しているものと考えます。
この時、台車によって販売網が繋がっていて、かつその色の商品を在庫している人は商品をその価格で1つ売却することができます。ただこの時、舗装されている道は良いのですが、悪路に配置した台車は販売経路として一度使うと(壊れて)手元に戻ってきてしまいます。基本的なゲームシステムの骨子はこれだけ。

交易カード12枚だけで消費の需要と供給を表現しているのですね。ここがかなりM.Schacht氏らしいゲームデザインだと私は感じます。また1ラウンドに行えるアクションは4つのアクション(上級ルールだと5つ)から1つ選択するのを2回だけ。
これで商品在庫の補充と販売網の構築を行います。1ゲームで22手しか打つ事ができません(最終月は売却だけ)。

販売網の構築に仕える台車の数は8個のみ。これが絶妙に「足りない」。
足りない台車は他の道に配置しているものを壊して(!)持ってくるしかありません。販売網の維持は難しいのです。

最初にプレイされる際には、交易カード12枚の内容も分からないし、販売網についてもいまいち分からないと思います。
遊んでいる途中で「なるほど!」と気づく事が多いでしょう。

このゲームは2回目からが本番のゲームです。慣れてきたら交易カード12枚の内容をじっくり見てみるとまた色々な「気づき」があってまた遊びたくなってしまいます。

上級ルールは少しの変更ではありますが、プレイ感がガラリと変わるものになっています。でもまずはファミリーゲームをしっかりと遊んでみて下さい。25周年記念にふさわしい傑作に仕上がっていると思います。
posted by nasika at 14:41| お知らせ